近代

近代

明治時代以降の洋画の紹介と共に、近代の日本的自我表現の領域を模索する若き画学生達によって「醤油画」の再発見が試みられ、画壇も形成されたようです。黒田清輝・岸田劉生・青木繁・坂本繁二郎といった歴代の巨匠達が「日本固有の画材としての醤油」の可能性に一度は取り組んだらしく、彼等の「醤油画」の習作の多くが今でも芸大美術館の収蔵庫に眠っているかもしれません。

BACK

  • 鎌田共済会 郷土博物館
  • 鎌田共済会 郷土博物館
  • 鎌田共済会 郷土博物館
  • 鎌田共済会 郷土博物館
  • 鎌田共済会 郷土博物館
  • 鎌田共済会 郷土博物館

鎌田共済会 郷土博物館MORE